ピロリ菌

ピロリ菌について

pyloriピロリ菌は正式名称をヘリコバクター・ピロリと言い、4ミクロン(4/1000mm)ほどの病原微生物です。胃の中は強い酸性環境下にあるため細菌が生きにくい厳しい環境ですがピロリ菌は、ウレアーゼという酵素を産生し胃の粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、生じたアンモニアで胃酸を中和することで胃の中での生息を可能にしています。

ピロリ菌に感染すると

胃にピロリ菌が感染するとヘリコバクター・ピロリ感染による胃炎(ピロリ菌感染症)を引き起こし将来的に胃・十二指腸潰瘍、胃マルトリンパ腫、胃ポリープなどの胃の病気をはじめ、特発性血小板減少性紫斑病や慢性じんましんのリスクを高めると言われています。注意すべきことは萎縮性胃炎を経て胃癌のリスクを高めるという事です。そのためピロリ菌の感染が確認されたら除菌をすることが勧められています。

検査について

大きく分けて内視鏡を使う方法と使わない方法があります。

内視鏡(胃カメラ)を使う場合

胃の粘膜を採取しピロリ菌を判定します。
判定方法には以下の3つがあります。

迅速ウレアーゼ法

ピロリ菌のもつウレアーゼという酵素の働きによってつくられるアンモニアの有無を調べます

組織鏡検法

胃粘膜を特殊な染色をして顕微鏡で調べます

培養法

胃粘膜のピロリ菌を培養して判定します

内視鏡(胃カメラ)を使わない場合

以下の3つがあり、いずれかひとつ、あるいはふたつの検査を組み合わせて感染や除菌後の判定を行います。

尿素呼気試験

吐き出した息を採取してウレアーゼという酵素の働きによってつくられる二酸化炭素の量を調べる検査です

抗体測定法

ピロリ菌の感染によって血液中に産生された抗体を調べます

糞便中抗原測定法

糞便中にピロリ菌抗原を調べます

尚、組織を採取して検査する方法は内視鏡を行うことが前提の検査ですが、この方法によるピロリ菌感染の判定には若干のばらつきがあると言われています。

除菌治療について

除菌治療についてピロリ菌に感染していることが判明した場合、薬物療法による除菌治療を行います。
その内容は、胃酸を抑える薬(プロトンポンプ阻害剤)と2種類の抗生物質、計3種類の薬を朝と夕の1日2回、1週間内服(1次除菌薬)します。そして服用を終えてから約1ヵ月以上が経過した後に除菌療法の効果を判定します。

除菌成功率は70%~80%程度で、薬を正しく服用していても除菌に失敗するケースもあります。菌薬の治療が不成功だった場合は抗生物質の組み合わせを変えた2次除菌薬により治療を行うと除菌の成功率は80~96%と言われています。

初診OK!診療予約
一番上に戻る
初診OK!診療予約